FX

FX
2017/101234567891011121314151617181920212223242526272829302017/12
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今日のひとりごとは、FXは本当に儲かるのか?についてです。

・FXで主婦が1億3900万円を脱税
・FXで1億4000万円脱税 東京の個人投資家
・FXで7億円の所得隠し 西宮の元自営業男性と妻と次女
・和歌山県の元小学校長FXで3億円の所得隠し


等々多額の利益を上げられた人はいるようです。
マスコミに取り上げられないだけで、実際に所得隠しや申告漏れは全国でもっとあるそうです。

では本当にFXってそんなに儲かるのか?
杏仁豆腐99には解かりません(笑)。
所詮相場ですから儲かる人もいれば、損をする人もいます。
一つ断言できるのは、そうそう簡単には利益が上がらないと言うことです。

何故かと言うとFXでの収益には、スワップによる収益と、利鞘による収益があります。
ネットでのFX取引が一般的になってきたのは、2003年頃からだと記憶していますが、
その頃から去年までは、ドル円を除く主要な通貨の対円相場は右肩上がりで推移していました。
そんな時期にFXを始めていれば、スワップ派もトレード派も文字通り簡単に儲かったわけです。

しかし、昨年の夏に表面化したサブプライムローン問題で、今までのような運用が出来なくなってきています。
円の金利が相変わらず低いため、スワップ益は授受できますが、日々のスワップ益以上に
含み損が出てしまうことになるケースが多く見受けられるようになっています。

以前「決済しなければいずれスワップが含み損を埋めてくれるから」と仰られていたお客様がいました。
また「いずれ値段もまた上がるでしょう」と仰られていたお客様もいました。
このお客様と同じようなお考えの方も多いと思います。

確かにそうです。でも円が未来永劫低金利でいると思われますか?
高金利通貨が未来永劫高金利でいると思われますか?
値段もいずれは上昇する時がくるでしょうが、それは更なる下落後かもしれません。
特にFXはレバレッジ効果により小額の資金で大きなお取引が可能です。
右肩上がりの為替相場に黄色信号(赤信号かもしれませんが)が点っている今、
安易な気持ちでは利益が上がりにくくなって来ているのではないでしょうか。

スポンサーサイト
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://annindoufu99.blog17.fc2.com/tb.php/11-54173138
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。